子孫繁栄

_DSC3385_200229_288_.jpg
α7RⅣ (撮影日:2月29日)

その1.・・・・  真後ろに立ったので、怪しいと思ったら

以前に記事を掲載したが、コマ送りしてみた

_DSC3388_200229_288_.jpg

その2.・・・・  上に乗った

_DSC3397_200229_288_.jpg

その3.・・・・  羽ばたいた

_DSC3403_200229_288_.jpg

その4.・・・・ 

_DSC3412_200229_288_.jpg

その5.・・・・  雄が足を雌の肩に乗せて

_DSC3419_200229_288_.jpg

その6.・・・・  雄が口を開けて、雌は無表情

_DSC3433_200229_288_.jpg

その7.・・・・

_DSC3435_200229_288_.jpg

その8.・・・・  余韻の時

******************************************

他府県のヤマセミ(去年の在庫から~)

20190510-_DSC25041306NIKON D5600 mm600190510130607
D5+600mmf4 (撮影日:2019年5月10日)

この日は、何回も魚を獲りに来た

20190510-_DSC32471620NIKON D500500 mm500190510162024_
D500+500mmf5.6 (撮影日:2019年5月10日、トリミングなし)

一眼では、魚を獲る瞬間が撮れなかった

照準器での撮影が、ほとんど没やった

20190707-_T8A01891522Canon EOS 5D Mark IV600 mm_
Canon EOS 5D Mark IV+600mmf4 (撮影日:2019年7月7日)

こんな機材も使ってた

去年、いくら使ってα9に移行したんだろう

******************************************

地元のヤマセミ (過去の在庫から~)

20180615-_DSC57451256NIKON D500420 mm-2_
D500+300mmf4 (撮影日:2018年6月15日)

地面を気にしながら、座って少しづつ近づいて手持ちで撮影

20180622-_DSC67071308NIKON D500500 mm_
D500+500mmf5.6 (撮影日:2018年6月22日)

有名ポイントから、数キロ上流で撮影

******************************************

Leofoto PG-1 ジンバル雲台、雀さんでデビュー

_DSC8328600200416102532_.jpg
α9 (撮影日:4月16日)

使い心地抜群! この雲台にたどり着くまで、高額出費@@@

「使ってみないとわからん機材道楽」は、高くつく

_DSC829960020.jpg
α9 手持ちで

なんや、雀やないかって言われそう・・・・  自粛中なので

【ジッツオ ジンバル雲台・GHFG1の修理完了】

日研テクノから、ジッツオ ジンバル雲台・GHFG1修理完了と発送のご連絡がありました。ご丁寧に受け取り時間の希望も訊いて下さり、いい対応でした。
到着日:4月18日
ゆうパック代引き、10989円。

たぶん、チルト・ノブの動作確認をして売却の予定。

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村
                    ↑ ポチッ~と押して頂ければ、励みになります。

*************************************

北海道大学のクラスター対策班 :教授が述べています・・・・  ネットから一部引用

「2m以内30分以上」は高リスク

ジョギングはOKだが…

日常生活で気をつけなければいけないこととしては…

1・公園で子供を一人で遊ばせる分には問題ないが、その近くで親同士が近距離で会話をすることは危険

2・ジョギングは数人では大丈夫だが、必ず距離をあけること。しかし、ジョギング後に意図せず長時間の会話になることがあるので、注意が必要

3・電車通勤はやむを得ずする場合、時差通勤や出勤日を減らすなどの工夫が必要

としている。

*************************************

上記から、考えてみました。

鳥撮りする場合、気をつけなければいけないこととしては・・・・

1.2m以上あける場所を確保するか? 鳥が登場するまで他のカメラマンと距離をとる

2.近距離で、カメラマン同士の会話をしない

3.カメラマン同士が密接するようなところには、行かない

4.珍鳥以外、来年もくるので今年は自粛をする
スポンサーサイト



交尾の瞬間

_DSC3434_200229_288_.jpg
α7RⅣ (撮影日:2月29日)

ワイバードのガイドのアナウンス通り

交尾の瞬間が撮れた、真っ正面の撮影位置で

_DSC3435_200229_288_.jpg

交尾後の「余韻」の時

これもガイド通りでした

_DSC3459_200229_288_.jpg

8時半になったら、餌を巻くので

二大給餌場のもう一つの「鶴居・伊藤タンチョウサンクチュアリ」で

_DSC3469_200229_288_.jpg

早朝20羽弱ぐらいしか来なかった

前日の夕方には、40羽以上はおったと思う

_DSC3503_200229_400_.jpg

タンチョウのつがいが美しい鳴き声を上げて踊りだす「求愛ダンス」は、綺麗です

動画で撮らないと、舞いの優雅さはわからないと思う

_DSC3527_200229_400_.jpg

フルで撮影して、トリミングしています。

_DSC3574_200229_400_.jpg

_DSC3620_200229_400_.jpg

1時間ほどの撮影で移動

_DSC3635_200229_400_.jpg

求愛ダンスの鳴き声をドアップで

息の白いのわかりますか?

_DSC3682_200229_400_.jpg

雄雌の区別は、同色なのでわかりません

一枚目の交尾の瞬間なら、上が雄でしょう・・・(笑)

_DSC3784_200229_385_.jpg

飛翔シーンは、ドアップにしてみました

タンチョウサンクチュアリ、28日の15時頃から撮影しましたが、PCで見るとすべて真っ白、ピンぼけで全没でした。

今日の撮影は、タンチョウ、フクロウ、シマエナガ、ハシブトガラ、マヒワ、ベニヒワなど

29日、14時半の飛行機で帰阪、4日間いい天気で楽しめました。

北海道に行ってる時に、北海道知事が非常事態宣言を発表した。その影響か北海道向けのツアー(ワイバード主催)が前面にキャンセルになったらしい。僕らのツアーも当初10人のツアーでしたが、4名キャンセルで6名のツアーになりました。(兵庫1、大阪2、愛知1、東京1、埼玉1の参加者)

プロフィール

レン

Author:レン
60歳で定年退職後、毎日休日で鳥撮りを楽しんでいます。いくつになってもカメラ道楽は止まらない。気まぐれに撮りたい鳥だけ撮影します。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR