ミサゴ(兵庫県)

_DSC7661_200130_556_.jpg
α7RⅣ (撮影日:1月29日)

目の前の上空を通過

_DSC7628_200130_556_.jpg

1.4倍+APS-Cモードですが

遠いところで浮いてる魚を、すくい獲った

_DSC7669_200130_556_.jpg

斜め後ろから

_DSC7623_200130_552_.jpg

違う個体が上空を通過

_DSC7606_200130_560_.jpg

たぶん、ハイタカ

気づかず上空を通過

なんとか、撮れたのは遠いはるか先を飛翔するハイタカ?

今日もいいとこなしの鳥撮りでした。

【皆さんには、どうでもいいお話しの続き】
他のジッツオの三脚と三脚ハブTB-21を使っておられる同輩さんのブログを見つけて、教えて頂いた。僕の三脚への装着方法は問題なかった。三脚ハブのTB-22の内径と三脚ベースの外径が約1㎜違ったら入らないわけです。
TB22の内径を測るTB22の内径の目盛り
TB-22の内径
センターポールの外径② (1)
三脚ベースのネジ・外径

購入元のHPから問い合わせしても何ら回答無しと思ってましたら、迷惑メールホルダーに返信がありました。(普通の注文は、同じアドレスに正常受信。)会社の代表者の方よりお電話がありまして、商品代金と送料を返金致しますと電話ありました。商品はメーカーに問い合わせるらしいです。一応、欠陥商品なんで返送した送料も要求しました。
注文時の商品代金+送料+返送時の送料、即返金されました。

IMG_2408.jpg
この三脚ハブを使います。

IMG_2409.jpg
GT2542の三脚ベースが残りました。

皆さんには、どうでもいいお話しでした・・・・。
スポンサーサイト



コウノトリ

_DSC7571_200129_400__.jpg
α7RⅣ (撮影日:1月29日)

遠い上空のコウノトリ

_DSC7544_200129_400_.jpg

近くで撮れたのはアオサギだけでした。

今日は、最悪の半日でした。

ゆっくり撮れた「アオゲラ」


α7RⅣ (撮影日:1月24日)

いつ飛ばれるか

焦った

_DSC7113_200124_400_.jpg

この数秒後、飛んだ

_DSC6078_200124_400_.jpg

その1.・・・・
_DSC6191_200124_400_.jpg

その2.・・・・

_DSC6220_200124_400_.jpg

その3.・・・・ 

_DSC6566_200124_400_.jpg

その4.・・・・

_DSC6586_200124_400_.jpg

その5.・・・・

_DSC6596_200124_400_.jpg

その6.・・・・

_DSC6735_200124_400_.jpg

その7.・・・・

_DSC6768_200124_400_.jpg

その8.・・・・

【皆さんには、どうでもいいお話】

IMG_2399.jpg
GT2542のセンターポールを外した状態(ネジの部分はここしかないと思う。センターポールの方には、ネジはきっていない)


IMG_2400.jpg
TB-22という三脚ハブを購入してはめようとすると、途中までしか入らない。
TB-22が使用できる適応三脚
ジッツオ GT2532, GT2542, GT2543L, GT3532, GT3542, GT3542L


tb22_10.jpg
マーキンスのHPには、装着見本があるが、この三脚はGT2542ではないと思う。

IMG_1493.jpg
センターポールがロックされている状態。

ノギスで、TB-22のネジの内径を測ると、35.9mm~36mm。センターポールのネジの外径を測ると、36.9mm~37mm。
これでは、入らないと思いますがどうでしょう・・・? 使い方間違っているのかな? 

マーキンスの自由雲台を、GT2542で使おうと考えたのが、そもそもの始まりでした。


IMG_2272.jpg
これを使わんといかんのか・・・・・。


皆さんには、どうでもいいお話でした・・・・。

やっぱり「キレンジャク」がいい

_DSC6482_200124_400_.jpg
α7RⅣ (撮影日:1月24日)

その1.・・・・ コメントが下手なんで割愛、、、

_DSC6052_200124_400_.jpg

その2.・・・・

_DSC6213_200124_400_.jpg

その3.・・・・ ヒレンジャク同士のケンカ?

_DSC6410_200124_400_.jpg

その4.・・・・

_DSC6435_200124_400_.jpg

その5.・・・・

_DSC6489_200124_400_.jpg

その6.・・・・

_DSC6490_200124_400_.jpg

その7.・・・・

_DSC6516_200124_400_.jpg

その8.・・・・

_DSC6543_200124_400_.jpg

その9.・・・・  数十羽が飛び回る

ウソやブッポウソウと同じでレンジャクのツルッとした体、どうも羽の調子(毛の一本一本)が出ない。そう思うのは、俺だけ~^^。

【最後の道楽?】
ジッツオ4型を売って、ジッツオ3型にした。4型と3型の自重差が、270gだけ軽いとわかっていた。やっぱり担ぐと4型より軽いが、やっぱりデカイ感じです。そこで、ジッツオ3型とジッツオ2型を使いわけることにした。
去年2月の北海道遠征や毎日公園を移動する時に使うジッツオ2型。現在は、Q20iQという自由雲台に変更しています。GT2542で、この自由雲台を使おうとすると、エレベーターを取っぱらって①の写真のように「マーキンス TH-230 ジッツオ 2-4型用 三脚ハブ」に交換。

下の薄茶色の部分が、マーキンス TH-230 ジッツオ 2-4型用 三脚ハブ

IMG_2272.jpg
GT2542の中央にあったエレベーターを取りはらった状態

②の土台とTH-230を交換することになるが、土台だけが残る。この土台をつけたまま使えないか検索すると、マーキンス TB-22 ジッツオ用 三脚ベース を使えばいいと知る。なぜ回りくどいやり方なのか? 自分が写真を撮れなくなった時に、家族が処分できるようにする為です。これで、GT2542とGT3543LSの2台の三脚で、Q20iQ(自由雲台)が交互に使えることになった。Q20iQ(自由雲台)の上に、動画や野鳥撮影に最適なパン・ティルトヘッド(PAN&TILT HEAD)として使えるように開発された BV-HEAD BV-24(①の写真) を乗せることにより、パンやティルトが最適に使えるのが、売り文句。プロの評価などを見て、実際に使ってみると、案外使いにくかった。でも2型に自由雲台を付け機材をのせると、すごく軽くなり移動が楽になったのが一番の救い。
こんな使ってみないとわからない機材の泥沼にはまって、約15年これで【最後の道楽】にしたい。

ハイタカ

_DSC7397_200126_400_.jpg
α7RⅣ (撮影日:1月27日)

レンジャクを待っていると

上空低いところをハイタカが飛んだ

_DSC7404_200126_400_.jpg

帰ってから図鑑を見ると

確かに「ハイタカ」でした

_DSC7423_200126_400_.jpg

光線によって色々

_DSC7440_200126_400_.jpg

昨日は低い上空でしたので

近かった

山の森から急に上昇したみたい

_DSC7300_200126_400_.jpg

林の真下まで行って撮った

_DSC7346_200126_400_.jpg

柿を食ってるから

後ろからばかり

_DSC7372_200126_400_.jpg

近くの林に40羽ぐらい戻ってきて

この柿に10羽ぐらいきた

遠くの屋根にとまる

_DSC7146_200125_394_.jpg
α7RⅣ (撮影日:1月25日)

撮らないと坊主に

_DSC7153_200125_394_.jpg

顔が少し見える?

「APS-Cモード」のトリミング限界

_DSC7154_200125_394_.jpg

いいことなしのチョウゲンボウ

_DSC7172_200125_394_.jpg

対岸で魚をすくい上げる

無理やりトリミングせず、遠いまま

_DSC7205_200125_394_.jpg

近くまでくるのを待って撮るが

遠い

_DSC7209_200125_394_.jpg

ミサゴとわかればいいが

_DSC7226_200125_394_.jpg

遠い横を通過

_DSC7237_200125_394_.jpg

この後、見失う

昨日のレンジャク・ポイントを避けて正解だった。カメラマンが多く、ほとんど来なかったらしい。

近くでキレンジャク

_DSC6032_200124_400__.jpg
α7RⅣ (撮影日:1月24日)

目線で

近いところで約10m

_DSC6026_200124_400_.jpg

すべてJPEG、トリミング

_DSC6031_200124_400_.jpg

目のキャッチライトが見えん

_DSC6041_200124_400_.jpg

グッドタイミング、、

このキレ・・、ヒレ・・・も羽が上手く表現できない

_DSC6045_200124_400_.jpg

黄が、3羽いますが、画角の中にもう一羽おりました

_DSC7038_200124_400_.jpg

細かい枝がいっぱい

AFきかず

MFで連射

【最後の道楽?】
2型の三脚は軽いが、低く過ぎて使いづらく3型を購入。大砲などで使っていた4型を売却。
IMG_2375.jpg
GT3543LS

今日、3型使ってみたが、4型より270g軽いだけ。分かっていたけど、やっぱり担いで移動するとデカイ。公園をウロウロする場合は、2型。チョウゲンボウやミサゴ、ヤマセミは、3型。使い分けるしかない。

可愛いルリ

_DSC3798_200118_400__.jpg
α7RⅣ (撮影日:1月18日)

ルリ・ポイントに暫く

ご無沙汰

_DSC4318_200119_400__.jpg
α7RⅣ (撮影日:1月19日)

同じような格好の

在庫から~

_DSC5127_200121_400_.jpg
α7RⅣ (撮影日:1月21日)

最近は、すべてJPEGで撮影

_DSC5301_200121_400_.jpg

このポイントでは

俺が行くと「貧乏くじ」

_DSC5500_200121_400_.jpg

獲物を食べる「ハヤブサ」

頭の上げ下げ

同じようなシーンばかり

_DSC5315_200121_400_.jpg

340mぐらい先の飛翔シーン

どこを飛んでるかわかるますか?

条件が合えば、「APS-Cモード」でこれぐらい撮れる
 (トリミングはしてますよ・・・)

兵庫県・中部にキレンジャクやヒレンジャクが出てると、連絡があり急行。なんと60羽以上おりました。
_DSC5913_200124_206_.jpg
α7RⅣ (撮影日:1月24日)

引き気味で

高い木の上で止まって、柿の木に降りてきます

大先輩常連さんは、こんなところに二度と来ないやろって

_DSC5920_200124_400_.jpg

一番近くて

10mぐらい

ほぼ目線で

_DSC5925_200124_400_.jpg

ヒレンジャク

_DSC5938_200124_400_.jpg

キレンジャク

こんな近くで撮ったのは初めて

残り柿が35個前後、明日は土曜日なので午前中かな? 居るかどうかは微妙?

久しく撮ってない、ミサゴのドボン

_DSC5332_200121_400_.jpg
α7RⅣ (撮影日:1月21日)

最近、この池での

ドボンは撮れていない

_DSC5572_200121_400_.jpg

撮影距離約70m

近い「ハヤブサ」は数十年ぶり

_DSC3775_200118_400_.jpg
α7RⅣ (撮影日:1月18日)

毎日、ルリを掲載すると

また、ルリオスって言われそう

2~3日、休養しますので在庫から~。

双眼鏡レベルで発見

_DSC5418_200121_400_.jpg
α7RⅣ (撮影日:1月21日)

鳥まで距離150mぐらい (電柱に何か止まっているのを、鳥友さんが発見)

双眼鏡では、なんの鳥か不明

近づいて初めて「ハヤブサ」とわかる

_DSC5457_200121_400_.jpg

「APS-Cモード」では、遠いので

「全画素超解像ズーム」を使う

_DSC5588_200121_400_.jpg

何を仕留めたのか?

_DSC5637_200121_400_01_.jpg

獲った瞬間でないと

鳥の種類は不明

_DSC5653_200121_400_.jpg

通わないと撮れない「ハヤブサ」

_DSC5699_200121_400_.jpg

約17分間で、約325枚激写

電柱まで約70m、木の陰から撮影

_DSC5709_200121_400_.jpg

食いさしを落としたか?

その後、飛び去る

意気揚々と撤収!

今朝、キレンジャクの群れの情報が入ったが、体調悪しで行けず。

プロフィール

レン

Author:レン
60歳で定年退職後、毎日休日で鳥撮りを楽しんでいます。いくつになってもカメラ道楽は止まらない。気まぐれに撮りたい鳥だけ撮影します。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR