オオワシ・オジロワシのいる風景

_DSC1324324200228062230_.jpg
α7RⅣ+100-400㎜ (撮影日:2020年2月28日・6時22分ごろ)、すべてトリミングなし
羅臼港を背景に飛ぶオジロワシ

_DSC1444333200228063335_.jpg
この日は、流氷が湾内まで押し寄せていて、湾外に出れず
北海道にコロナの緊急事態宣言の真最中で、船上には外国人も多くマスクなしがほとんど、怖かったです。

_DSC1617400200228064745_.jpg
背景は羅臼岳の一部

_DSC1696400200228065210_.jpg

_DSC1921400200228071056_.jpg

_DSC2054400200228071504_.jpg

_DSC2201400200228071937_.jpg

_DSC2327400200228072543_.jpg

_DSC2417400200228072949_.jpg

すべて手持ち撮影でした。

自宅前の野鳥
_DSC8383293200730143953_.jpg
α9Ⅱ
たぶん、「イソヒヨドリ」

_DSC8390404200730144302_.jpg
スポンサーサイト



自宅から約40分のポイント(在庫から)

201603280600-_DSC0233600160328060034_.jpg
D5+600mmf4 (2016年3月28日)
テントに入って撮ったのを鮮明に覚えていて、しかも手持ちでした。雄雌確認できましたが、まだ交尾中やと思う時期でした。デカイダムから1キロぐらいの下流の河原で、嫌いな生き物がいない時期を狙って通いました。

201603280602-_DSC0254-3600160328060203_.jpg

201603280602-_DSC0261-2600160328060204_.jpg

201603280602-_DSC0263600160328060204_.jpg

201604020732-_DSC0476600160402073238_.jpg

しばらく、古い在庫を掲載します。現在、このポイントでは雄しか確認できずです。

ヤマセミがいる風景

_DSC7111600200321160701_.jpg
α9 (撮影日:2020年3月21日)、すべてトリミングなし
以前に同じような向きが、違うコマの掲載もあります。

_DSC7283600200321161446_.jpg

_DSC7338600200321161532_.jpg

_DSC7437600200321161810_.jpg

_DSC7525600200321162136_.jpg

_DSC7683600200321162506_.jpg

_DSC7832600200321162854_.jpg

チョウゲンボウがいる風景

_DSC8858600200323110928_.jpg
α9 (撮影日:2020年3月23日)、すべてトリミングなし
レンジャクがいると聞いて、行ってみた対岸で偶然、チョウゲンボウがトカゲなどを獲るのを発見

_DSC8980600200323145516_.jpg
背景はすべて民家や畑

_DSC8988600200323145517_.jpg

_DSC9005600200323145517_.jpg

_DSC9216600200323151538_.jpg

チョウゲンボウの飛びものを、追従するとだいたい端っこに写る

ツバメが休憩中

_DSC8175594200725124715_.jpg
α9Ⅱ (撮影日:2020年7月25日)
シャッター押してないので、自宅のベランダから

_DSC8199594200725124833_.jpg
誰でも撮れる野鳥さん

_DSC8215594200725124917_.jpg

_DSC8228594200725124940_.jpg

_DSC8239594200725125036_.jpg

_DSC8247594200725125038_.jpg
飛んでるツバメは、撮れないので留まってるツバメを激写


雪の中地面に這いつくばって撮影

オジロワシのいる風景

_DSC3326560200227093557_.jpg
α9 (撮影日:2020年2月27日)、トリミングなし
風連湖の上を飛ぶオジロワシ

_DSC3259560200227092505.jpg
トリミングなし

_DSC2923560200227085607.jpg
トリミング

_DSC2943560200227085610.jpg
トリミング

今年で2回目のワイバードのツアーで、風連湖に行きました。この時期、早朝9時に湖上に凍った魚を置きます。それを食べに、オジロワシやオオワシや他の野鳥、キツネなどがやってきます。魚の奪い合いで、バトルを期待したんですが、何もなしで期待外れの数時間でした。
今年はこの近辺で、ハクトウワシを撮影されたという情報もありましたが、見れずでした。

持ち帰りシーン色々

_DSC8528600200427095422_.jpg
α9 (撮影日:2020年4月27日)
目の前、80m前後の距離を通過

_DSC1484600200511083101_.jpg
α9Ⅱ (撮影日:2020年5月11日)
この日も目の前、80m前後の距離を通過

_DSC1489600200511083101_.jpg

_DSC1504600200511083102_.jpg

_DSC2176600200512084546_.jpg
α9Ⅱ (撮影日:2020年5月12日)

すべてトリミング処理しています。

水面へ突入

_DSC1232600200429074230_.jpg
α9 (撮影日:4月29日)
αにしてから、こういうシーンも撮れるようになった

_DSC1331600200429074246_.jpg
デカすぎる魚をゲットしたが・・・

_DSC1335600200429074247_.jpg
持ち上げられず、すぐに落としてしまった

没にした魚の持ち帰りシーン

_DSC1782600200511103914_.jpg
α9Ⅱ (撮影日:2020年5月11日)
風向きが悪いと、こういう後ろ向きの場合が多いですので、ミサゴや魚の表情が見えないので未掲載になります。

_DSC1786600200511103915_.jpg

_DSC1789600200511103916_.jpg

_DSC1997600200512084529.jpg
α9Ⅱ (撮影日:2020年5月12日)
風向きがいい日だと、こんな画になる(140mぐらい先の水面で獲ったのを、トリミング処理しています)

_DSC2169600200512084546_.jpg
風向きがいい日は、こんなシーンの時もある

風向きが悪いと、魚を水中で掴んでからある程度上昇するまでは、ほとんど後ろ向きが多いです。ある程度の高さに上昇してしまえば、旋回しながら上昇して風向きに関係なく、飛翔してお気に入りの食べる場所まで飛んでいきます。まずは、飛来して魚を獲ってくれないと面白味がないミサゴです。

プロフィール

レン

Author:レン
60歳で定年退職後、毎日休日で鳥撮りを楽しんでいます。いくつになってもカメラ道楽は止まらない。気まぐれに撮りたい鳥だけ撮影します。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR